アップデート

この間iOS7が発表になって、直ぐにアップデートをした。普通ならば暫く様子をみてからするところなのだが手持ち無沙汰だったということもある。不具合が出たところで致命的なことにはならないだろうと思って早速実行したが、ふと残り時間があと14時間と表示されているのに気がついて驚いた。 […]

降り込められる

折角の三連休が台風に降り込められることになった。一日中家にいるのが勿体無いので今週はまた休みを取ろうかなどと考えつつ、テレビでアナウンサーが台風が連休で良かったですねなどと発言するのを聞きながら、連休が取れるのはサラリーマンだけであって、こんな台風の今日にサービス業やその他幾らでも外に出なければならない人はいるだろうに思慮の足りないことだと思ったが、確かに通勤客でごった返す平日だったならばさぞ混乱しただろうと思う。 […]

生きのびる

最近は少々の雨でも駅から家までタクシーを使う癖がついてしまったが、そういう話を誰かにすると贅沢だとか独身貴族は良いねなどという反応を頂戴する。しかし車の免許を持たない自分からすると自家用車を維持する方が余程ブルジョアに見える。先ずはクルマを買わなければならない。普通ならば安く抑えても百万円はするだろう。そのうえかかる保険代、ガソリン代、車検費用、駐車場代などのランニングコストも安くはないだろう。これを考えれば雨の日にタクシーを使う方がどれほど安く済んでいるか分からない。貧乏人だからこそタクシーを使うのだ。それでも月に五日も乗らないのだから安いものだ。ちなみに駅から家まではワンメーターだ。安いじゃないか。 […]

さはさりながら

仕事で参加したセミナーで講師の話を聴きながらついうとうとと寝てしまった。この寝入りばなの瞬間に夢ともつかない物語が断片的に現れては消えてゆく。随分長い夢だったが、いけないと思い慌ててレジュメに目を落とすと講師の話はまだ先程から数十秒のところを彷徨っていた。この時間の感覚は不思議だ。思うに時間とは肉体の感覚そのものであって、夢は肉体感覚からの遊離とすればこんな風に時間の因果に縛られないのも頷ける、などとそもそもまるで講師の話を聞いていないというのが自分でも痛痒い。 […]